メールを用いた占いが当たると評判|試す価値がある

シニア女性

知るべき方法を学ぶ

水晶

自分や他人の心を知る

心を知るための占いといわれる九星気学の傾斜法は、人とのコミュニケーションが円滑に進むと人気です。九星気学では傾斜法によって本来の性格、先天的な才能がわかります。占ったことによってその人の心理が九星の中でどの位置に傾いているのかを知り、何に関心を強くしているのか、どんな部分に説得しやすいポイントがあるのかを知るきっかけにできるのは事実です。また、占いで相性占いを行う人も多いですが、九星では傾斜によって相性が大幅に異なり、人間関係を細かく理解でき、的中率が高いといいます。本気で恋愛関係を占うばかりでなく、様々な人間関係を的確に占えるとして、普段占いに興味を持たない人でも九星に関しては関心が強いといわれています。

生年月日からわかること

生年月日によって9つに分かれたのが九星です。九星気学では、生まれた年の本命星、さらに月命星を掛け合わせ、性格や運勢を知る方法となっています。特に傾斜法とは、2つの星を掛け合わせたことによって、その人の傾きやどんな生まれなのか、好みや興味ある分野に関しても判明する占いです。九星気学で傾斜法を算出する方法は、本命星の場合は生まれ年の西暦を1ケタずつに分解し、全て足して1ケタにして、出た数字を11から引いてください。出た数字の数が本命星です。月命星は、一白、四緑、七赤の場合は10あるいは19から、二黒、五黄、八白は4または13から、三碧、六白、九紫は7あるいは16から生まれた月を引いてください。その後本命星と月命星を合わせると傾斜法で見るべきものがわかります。